SEASONAL VIBES SERIES SSAW
SEASONAL VIBES SERIES SSAW
SEASONAL VIBES SERIES SSAW
SEASONAL VIBES SERIES SSAW
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, SEASONAL VIBES SERIES SSAW
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, SEASONAL VIBES SERIES SSAW
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, SEASONAL VIBES SERIES SSAW
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, SEASONAL VIBES SERIES SSAW

SEASONAL VIBES SERIES SSAW

通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

PEOPLEAP 『THE SWEETEST TABOO』Series

SEASONAL VIBES SERIES SSAW

PPL-02-SSAW

レシピ:JURI (Kantan na Yume)

プレイリスター:starRo

デザイナー:SHINICHI NAKAYAMA

7inchレコードのカタチをしたお皿『PEOPLEAP(ピープリープ)』は、裏面に印字されたQRコードより音楽などのコンテンツにアクセスする事ができます。お皿としては一見使いにくい特異な形状ですが、盛り付けにひと工夫したくなったり、本来お皿に必要とされないコンテンツを持っていることで、キッチンや食卓で新たなコミュニケーションが生まれたりする、独自のアプローチを提案するプロダクトです。

お皿裏面のQRコードからは、様々なジャンルで活躍する“音楽好き(=プレイリスター)”が選曲したプレイリストを、spotifyよりストリーミング可能。お皿の盤面は、それぞれのデザイナーがプレイリストからインスピレーションを受けデザインします。

プレイリストの共通テーマは「THE SWEETEST TABOO(禁断の甘さ)」。SNSや情報に疲れがちな今だからこそ、親密性溢れる、まるで好きな人に贈るために作られた、ミックステープのような生々しいプレイリストを目指しました。

※COVID-19の流行を受け、クリエイター(プレイリスター/デザイナー/藍染窯/岩嵜紙器)の活動を広義の意でサポートする為、粗利益は全て参加クリエイターに分配されます。

波佐見焼「藍染窯(あいぜんがま)」製のレコード皿と「岩㟢紙器(いわさきしき)」製オリジナルボックスのセット。

サイズ/素材
レコード皿:直径175mm(中心の穴の直径40mm)、高さ7mm/陶磁器製 日本製
パッケージ:巾200mm、奥行き200mm、高さ150mm/紙製(一部にウレタン使用)

ATTENTION.
<ご購入の前に必ずご確認ください> 
このお皿は職人による手仕事で作られています。 温度や湿度などの気候条件や、窯の中でのお皿の置き場所による火の当たり方の違いなど、焼成時の条件は常に変化しているため、寸法やプリントの位置に個体差があります。
釉薬がかかっていない裏面に関して、製造工程上プリントにムラ、気泡が出る場合がございます。また裏面には土を流し込む「鋳込み口」の丸い跡がございます。 これらはご使用に支障はございませんので、手仕事の特徴としてご了承下さい。
そのため上記の理由での返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。 

食洗器、電子レンジ利用可。 
ギフトラッピングサービスはございません。

プロフィール
寿里(かんたんなゆめ)


1994314日生まれ。宮崎県出身。製菓衛生師、和菓子アーティスト。カフェの店舗立ち上げやメニュー開発などを経て25歳で独立、渋谷に和菓子喫茶かんたんなゆめをオープンさせた。チーズケーキのような練り切りや、岩のような最中など斬新なアイデアと可愛らしいデザインで和菓子のアップデートを図る。2020年秋には日本橋に新店舗をオープン予定。

starRo

Jazzyなコードワーク、HipHop/R&B/Afrobeats/Trap/House/Ambient/Indies Rockなど様々なジャンルを全て消化したジャンルレスなスタイルで独自の音楽を生み出す、UPROXX誌曰く、「恐らく、本当の意味でグラミーにノミネートされた最初のSoundCloud発プロデューサー」。
2010年からJanet JacksonなどのリミックスなどでーSoundCloudで頭角を現し、2013GoldLink, Tom Mischなどを排出したネットレーベルSoulectionと契約。1ヶ月で300万再生を記録したFrank Ocean Remixなどのリミックスワークだけにとどまらず、インストトラック、シンガー・ラッパーをフィーチャーしたオリジナル楽曲提供、最近ではPOPS研究会名義で自身がボーカルも務める一人バンドプロジェクト、DJなど、活動スタイルも多岐にわたる。
ロックバンドを髣髴させるエネルギッシュなアクションと楽器演奏を織り交ぜた独特のライブスタイルも注目を集めており、Soulection FounderJoe Kayから間違いなくこれまでのベストアクトと評される。Anderson Paakの欧州ツアーサポート、Chet Faker, Little Dragonの北米ツアーサポート, Joey BadA$$, Kaytranada, DJ Premier, Flume, Giraffage, Gold Linkなど数々の共演、各種フェスティバルの出演、自身の世界アーなど、パフォーマーとしての地位も磐石なものにしている。2017年グラミー賞最優秀リミックス部門にノミネートされた以降は、商業音楽のプロデューサーも経て、2019年に日本帰国。音楽活動の傍ら、執筆やワークショップ、支援活動を通して日本のインディーズアーティストの活性化のための活動にも従事している。

中山信一

1986年
神奈川県生まれ。広告や書籍、アパレルグッズなどのイラストを手がける他、個展や展示などで作家としても活動中。またHIPHOPユニット「中小企業」のラッパーとしても活動。
これまでに1stアルバム「cookie」と2ndアルバム「NESS」をリリース。
WEB : nakayamashinichi.com